間中病院

アイコン0465-23-3111

保険医療機関

〒250-0012 神奈川県小田原市本町4-1-26

お問い合わせ

採用情報

地域包括ケア病棟

01

地域包括ケア病棟とは

急性期病院に急病で入院した患者様が、内科・外科的な救急医療を終えたあと、自宅にそのまま帰るのは不安があり、仕上げのリハビリテーションを行いたい、在宅サービス調整や住宅改修に少し時間がかかるなど自宅復帰することをお手伝いする病棟です。

また、地域包括ケアシステムの中核となる病棟の役割を有することを求められており、「自宅ときどき、入院」を行える病棟として、小田原市民または近隣地域住民が自分らしく最後まで住み慣れた地域で生活することを応援する病棟です。

02

入院対象となるケース

入院対象は自宅退院を見据えることができる方が対象となります。

  • 1回復期リハビリテーション病棟の対象となりにくい疾病、傷病(脳血管疾患・大腿骨・頚部骨折・腰椎圧迫骨折以外)のあとのリハビリテーションを希望する場合。
    (例)肩骨折・足首骨折・手首骨折・急性腰痛・肺炎後廃用症候群・外科手術後
  • 2社会的要因(高齢世帯、独居、日中独居など)があり、なおかつ、急性腰痛など通常であれば、入院対象ではないが、生活に困ってしまう状況が発生した場合。
    (介護保険サービスが調整できるまでの間)
  • 3自宅で療養生活をしているが、体調が悪い場合。
    まず、かかりつけ医にご相談ください。かかりつけ医より、ご依頼いただければ幸いです。急性期病院のように病状のみで判断することなく、社会的要因も含めて、診断させていただきます。
  • 4介護者が体調不良となり、要介護者を介護する人が不在となった場合
    緊急避難入院目的で相談できます。(介護保険での代替利用が可能になるまで)

まずは地域医療連携室までご相談ください。(0465-43-8730)

必要書類

・診療情報提供書(紹介状)
・ADL表

※間中病院のかかりつけでなくても地域の主治医からの診療情報提供書があればご相談可能です。

地域包括ケア病棟のご案内

入院費用等の詳細は以下の資料ボタンからご確認ください。

03

院内の様子